北出所長のブログ

腹落ちは大事。でもそれだけじゃ足りない。

投稿日:

腹落ちは大事だが、経験と合わせないと成長しない。

人材育成に頭を悩ませている上司・先輩も多いことと思いますが、

仕事の目的や目標をスタッフに納得させ、いわゆる「腹落ち」させることで

スタッフが自発的に動き、持てる力を発揮すると言われています。

これはある意味正解なのですが、そうじゃないこともあります。

 

時の上司がこういった説明をせず、とりあえず「やれ!」と言われて

しぶしぶやったけど、経験値を重ねていくうちに「あっ、そういうことか」と

気づくこともあります。

上司の言っていることがその時はわからなくても、その後「わかった」

という経験は誰しもあります。

部活でも「外周10週ね」と言われ、ブーブーいいながら、走っていたら、

足腰が強くなり、マラソン大会の上位を獲得したり、知らず知らずに体力がついて

バテなくなった、身体が強くなったという経験は誰にでもあるはず。

 

何が言いたいかというと「腹落ち」させることは大事ですし、納得することで効果を発揮します。

一方で経験しないとわからないこともあるということです。

人はその立場にならないとわからないことも多いし、経験値を重ねることで気づくことも多い。

 

理解・納得するだけでは足りず、経験値を付け加えることで本当の意味での成長につながるのです。

だからこそ教育は「言葉」と「経験値」の両方が必要なのです。

 

経験させることは上司・先輩・コーチの役目。

言葉を変える、経験値を積ませる。

人材育成はこの視点が大事です。

 

福井の社会保険労務士

採用定着士がいる人材育成会社

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社