北出所長のブログ

1対1ではうまく話せるのに、、、

投稿日:

人前で話すことが苦手、、、

仕事柄、私はセミナーや研修など人前で話をすることが多いのですが、

人前で話をすることが苦手という方は多いです。

一方、1対1で話をすることはそんなに苦にならないという方も多い。

同じ話をするということですが、相手が増えると途端に話が出てこなくなる

苦手意識が芽生える、そういう経験がある方も多いでしょう。

 

私も学生の頃は人前で話すことが苦手でしたし、ど緊張して何を話しているのか

わからないことが多々ありましたが、仕事をし始めてから

そこまで苦になることはなくなりました。

話すことは慣れの問題もありますが、

脳科学的に言うと、1対1の場合は、さほど問題にしていない脳も

話す人数が増えると、脳がびっくりして、

処理する限界を超えてしまうことがあるようです。

その結果、処理が間に合わなくなって言葉が出てこなかったり、

相手の話にうまく反応できなかったりするとか、、、。

 

どうすれば人前でも話ができるようになるのか。

いくつか方法はありますが、

そんな時ある本を読んで、楽になったのを覚えています。

そこには、

「不特定多数の人に話すのではなく、一人の人を意識して話しなさい。」

こう書いてありました。

 

それ以来セミナーや研修では、一人の人に語りかけるように

話したり、事例を言う時も「こういうことがありまして、、、」

と伝えるようになりました。

 

テクニックというよりは、どの気持ちで話をするか。

それにより話やすくなったり、伝わりやすくなったりします。

 

一人の人に向けて話しなさい。

これは本やブログを書く時もそうですね。

不特定多数の人に書くのではなく、

ある特定の人に向けて書きなさい。

そうすると次第に筆が進みます。

これと一緒。

 

ぜひ試してみてください。