北出所長のブログ

積小為大の実践

投稿日:

昨日は二宮尊徳氏の第7代目子孫である中桐万里子氏の講演を聴きました。

二宮尊徳といえば、銅像のイメージが強いですが

あの銅像に込められたメッセージは

「どんな時でもくじけず諦めず、一歩を踏み出すこと」

だそうです。

600以上の農村を再建させ、超現実主義者であった氏は

どんな小さな一歩でも踏み出せば道は拓ける

ことを実践していたようです。

 

積小為大

小さな努力の積み重ねが、やがて大きな収穫や発展に結びつく。

小事をおろそかにしていて、大事をなすことはできない。

小さなことでも「ひたすら」「こつこつ」と継続すれば大きなものに

つながっていく。

「継続は力」である。

そうだ、積み重ねることが自信やノウハウ、実績となる。

お客様から認めて頂ける。

 

小さなことでも続けること。結果として変わる。