北出所長のブログ

地域密着ならではの対策は、、、

投稿日:

無人化店舗の実験が進んでいます。

人口減少、最低賃金の上昇、人件費の上昇など

企業を取り巻く環境は厳しい状況が続いています。

大手コンビニのセブンイレブンは、深夜時間帯の休業を検討したり、

日曜日に休業をするFC店を契約解除する方針を打ち出したりと

苦渋の選択を行っています。

そもそも人がいないと成り立たないビジネスにとって人手不足は

大打撃ですが、であれば、人がいなくてもできるビジネスに

転換できないかと考えるのは当たり前で、

すでにアメリカのコンビニのAmazon Goでは昨年あたりから

実店舗で実験に乗り出しています。

 

ローソンでも深夜に売り場を無人とする

「スマート店舗(深夜省人化)実験」が開始されました。

入店するためには、

1.事前にローソンアプリに登録された入店用QRコード

2.近隣の利用者に配布した入店カード

3.入店管理機器で顔写真を撮影しての入店

の3種類が可能なようで、ちょっと利用してみたいですねw

こういった取り組みはどんどん進んでいくでしょうね。

 

大手企業の取り組みをそのまま中小企業が取り入れるには

資金面などいくつかの壁を乗り越えないといけないですが、

中小企業、地域密着ならではの対策はやはり経営者自身が

考えなければいけないこと。

 

当社も地域NO.1を目指すため、スタッフがよりエンゲージメントを

高くもって働けるよう来年以降の取り組みを目下模索しています。

it導入、生産性向上、新メニューの開発・・・

 

最高のチームを作るために、、、