北出所長のブログ

おかしい日本語を紹介

投稿日:

おかしい日本語。ついつい使っていない?

若者を中心についつい使っているおかしい日本語ベスト8!

がwith onlineで紹介されていました。

・「ヤバイ」

いいのか、わるいのかがはっきりしない言葉ですよね。

食事していて「これヤバイ!」って聞いたらどっちのことなんだろうと

不安になります。

 

・「フツウ」

普通においしい、普通じゃない?で結局どうなの?という曖昧さが残ります。

 

・「〜とか」

ひとつのことしか聞いていないのに、A案とかどうですか?

これ無意識に使っている可能性ありだな・・・。

 

・「よさげ」

その服よさげですね。って気を遣っているのかなあ。

 

・「ですよね」

これは結構聞きますね。相槌を打つような感じで使っている人がいます。

 

・「は、できています」

主語を省略して話すようです。「資料は」できていますの「資料」を

省略して使うようです。これは私の周りでは聞かないなあ。

 

・「ていうか」

友人同士なら使うことはありますね。ビジネスの場で使うと否定?

 

・「逆に」

逆じゃない場面でも使っていることよく聞きます。

使わない方がいいんじゃない?

 

こう見てみると、確かにおかしいなという日本語がたくさんありますね。

注意する人がいなければ、気づかず使い続けることもありますから

私も気をつけます。