北出所長のブログ

熱中症における企業の責任について

熱中症における企業の責任について記載しています。

各地で熱中症による被害が続いています。

連日の35度超え。岐阜では40度を記録し、体温よりも高いと仕事にも

体調面にも影響します。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

「職場における熱中症の予防」について

厚生労働省から次のような指針が出ています。

詳細はこちら

これによると企業は、暑熱環境による熱ストレスの評価(WBGT値)を行う努力があり、

熱中症を発生するリスクがあるときは、熱中症予防対策を実施することが望ましいと

されています。


要約すると

1.涼しい休憩場所の確保

2.氷、冷たいおしぼり、シャワー等の身体を適度に冷やすことができる物品や設備の配置

3.水分、塩分などの定期的な補給

4.高温多湿作業場所の連続作業を行う場合の作業時間の短縮、作業計画の実施

5.透湿性、通気性の良い服装の着用、直射日光下での帽子着用。

6.作業中の巡視

7.睡眠不足、前日の飲酒、朝食の未摂取等の確認

8.体温計、体重計による体調管理の徹底

9.労働安全衛生教育の実施

10.緊急措置の整備

等があります。

会社の責任に「社員の健康管理」がありますので、

熱中症で労災!

と言われないためにできるだけのことをしておきましょう。

福井の社会保険労務士 北出経営労務事務所

お気軽にお問い合わせください。