スタッフブログ

名言は人生の処方箋

最近、エーリヒ ケストナーの「人生処方詩集」を読んでおります。

孤独にたえられなくなったら、なまけたくなったら、
ふところがさびしかったら、結婚が破綻したら、


など、生きる上でかかりやすい病いの処方箋を「詩」という形式で綴られています。

ここにヒントを得て、
今回のブログでは、私が最近、出会った素敵な言葉たちを紹介していきます。
誰かの「読むクスリ」になることを願って(*’▽’)

「ファンベルトが切れ、タイヤはパンクした。さあ、旅の始まりだ。」

~ 読み人知らず ~

言葉の背景が分からないので、様々な捉え方ができますが、
伝えたいことは、「順調な旅はつまらない。」ことかなと私は捉えています。行き当たりばったりの旅が好きです。
「旅」を様々な言葉に言い換える事ができる深い言葉ですね(´▽`)

「一年の計は、穀を樹うるに如くは莫し。
十年の計は、木を樹うるに如くは莫し。
終身の計は、人を樹うるに如くは莫し。」
一年の計画を立てるとしたら、その年内に収穫のある穀物を植えるがよい。十年の計画を立てるというなら、木を植えるがよい。生涯の計画を立てるつもりなら、人材を養成することだ。
~ 「管子」より ~

「ヒト」のチカラは偉大。最近、様々な事象で感じます。
2000年以上前の言葉ですが、現代でも通用する不変の原理ですね(*‘ω‘ *)

「死ねないから、生きているだけ」
「所詮、人生は死までの暇つぶし」
~ 立川談志 ~

談志師匠らしい、エッジの効いたセリフですね。
ここまで達観した死生観を私も持ちたいです(‘◇’)ゞ

「運命は材料を与えてくれるだけで、それをどう料理するか自分次第」
~ ニッコロ・マキャヴェッリ ~

塩野七生氏の影響から、中世イタリアの政治思想家ニッコロ・マキャヴェッリの思想に触れてみました。
「自分で運命を切り開け!!」と、権謀術数を用いてでも、目的を達成しろと説く、彼らしい言葉( `―´)ノ

「ぼくが願っているのは、なにが大切かということに思いめぐらす時間を持つ人間がもっと増えるといいということだ。金も地位も名誉もしょせん子どもじみたことだ、おもちゃだ。それ以上じゃない。」
~ 禁煙さん ← 「飛ぶ教室」より ~

人から勧められて、「飛ぶ教室」という小説を読み、
温かい素敵な言葉たちとたくさん、出会うことができました。

「人に取られるような椅子だったら、あっても意味がない。
自分にしか座れない椅子を作ることを考える方が、私は大事。」
~ ファーストサマーウイカ さん ~
「頑張っても頑張っても直せないもの、それが個性。」
~ 光浦靖子 さん~

「個性」に関連する言葉。どちらの言葉も素敵ですね。
ファーストサマーウイカ さんを恥ずかしながら、最近知りました( ̄▽ ̄)

「下げる頭もってなくてもいい 人を想う”心”は持て」
「ゴメン ケンチン
オレ ケンチンが隣にいてくれてよかった」
~ ドラケン&マイキー ← 「東京卍リベンジャーズ」より ~

会社の同僚の方から、お借りした今、話題の漫画から。
「人を想う”心”を持ち、相手の立場に立って考える」のは当たり前に大切なことですよね。
笑いあり、涙あり、絵も綺麗で読みやすく、オススメの漫画です(^○^)

「子曰、論篤是與、君子者乎、色莊者乎」
口先で言うだけならなんとでも出来る。今では行動まで確かめないと、安心できない。
~ 「論語」より~
「本当に<わかる>ということは、それによって自分が<かわる>ということ」
~ 阿部謹也先生 ←山口周氏の書籍から~

ハッとさせられた言葉でした。
「知っている」で終わらせるのではなく、「行動」に移すこと、自分が「変わる」ことが重要です!!
この言葉は深く、心に留めておきます。

いかがでしょうか。

いつか、自分の発した言葉が、「誰かのクスリ」になれるように、素敵な言葉たちと出会いを重ねながら、自分を磨いてまいりますm(_ _)m