人事・労務管理北出所長のブログ

管理職を体験!?

投稿日:

「管理職を体験」課長職を4日間代一部行

という記事が日経新聞で紹介されていました。

面白い取り組みですね。

女性の管理職の割合が伸び悩む中で

管理職になりたがらない女性社員もいます。

本来は男性女性関係なく優秀な人を上にあげればいいと思いますが、

女性の不安解消のために管理職を一時的に実体験させる試みを

三井住友海上保険が実施したようです。

プロジェクト名は「マネチャレ!」

こういうネーミングも面白いですね。

 

「マネージャーの仕事って何?」

「部長の仕事ってどういもの?」

「課長って普段どんな仕事をしているの?」

キャリアパスを整備していても、管理職の仕事は一般社員には見えずらいもの。

やってみないとわからない苦労もありますし、見ている視点が違います。

一般社員からしても、ただ大変そうと言うだけなら組織は成長しないし、

自身の成長も見えてこない。

 

興味のある一文を紹介すると、

『23人は「マネチャレ!」前、全員が管理職になりたくないと考えていた。

だが、挑戦後に22人は「なってみたい」と変化した。

1人ではなし得ない仕事ができ、部下の成長に寄り添える。

重責に見合うやりがいを体感したからだ。

「マネチャレ!」は男性管理職の意識も変えた。「無理させてはかわいそう」と

遠慮して、責任が伴う難しい仕事は男性部下に割り振る傾向が社内にはみられた。

だが4日間女性社員を付きっ切りで指導した男性課長は、彼女らの仕事への意欲を知り、

今までの姿勢を見直したという。』

 

現実的には女性は男性よりも子育てなどや家のことに時間を割いているのも事実。

それでもやる気のある人を上にあげる仕組み・制度は作っていきたい。

チャンスを用意する。体験させる。

こういった取り組みが管理職を生み出すきっかけになるかもしれません。

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社