北出所長のブログ

窓を開けても室温を急激に下げない方法??

投稿日:

週間天気を見ると雨や雪マークが並び、これからだんだん寒く

なってきますね。

ようやくタイヤ交換も終え、冬の道路の走行は準備万端ですが、

大雪にならないことを祈っています。

 

さて、オフィスでは暖房をつけて仕事をしていると思いますが、

新型コロナウイルス対策などから定期的な換気を行っている

所も多いと思います。

換気は三密防止のための有効な手段と言われていますので

総務部や管理部が中心となって推進していってください。

 

窓を開けると、当然寒くなりますが、厚生労働省から

窓開け換気による室温変化を抑えるポイントも紹介されています。

・一方向の窓を少しだけ開けて常時換気をする方が、室温変化を抑えられます。

窓を開ける幅は、居室の温度と相対湿度をこまめに測定しながら調節してください。

・人がいない部屋の窓を開け、廊下を経由して、少し暖まった状態の新鮮な空気を

人のいる部屋に取り入れること(二段階換気)も、室温変化を抑えるのに有効です。

・ 開けている窓の近くに暖房器具を設置すると、室温の低下を防ぐことができますが、

燃えやすい物から距離をあけるなど、火災の予防に注意してください。

 

密閉・密接・密集の三密を減らすこと。

できるところから、継続しましょう。

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社