社員の成長が加速する人事制度

書類作成業務や役所への提出業務は、 労務トラブル対策専門家「社会保険労務士」にお任せください。

人事制度は、賞与や昇給を決める際の査定として定着しています。
しかし、査定という名前のとおり、お金(給料・賞与)の査定ですから不公平と感じると不平・不満が生まれます。
人事制度=給料・賞与の査定という意識がある限り、この不平・不満が解消されることは難しいでしょう。弊社では、世間一般的に認識されている人事制度とは全く違う内容に取り組んでいます。

「人事制度=社員を成長させ、学習する組織づくりのための仕組み」です。

社員が自分自身の成長をイメージできるか、会社としてどのような社員にいて欲しいかをオープンにする。これが新しい人事制度の第一歩です。

事業者のみなさんへ 人事・組織に関する悩みを抱えているのであれば、私はその悩みを解消することができるかもしれません。

社長様からの人事・組織に関するお悩み例
  • 人事制度の目的は給与・賞与の査定のみと考えている。
  • 社員の成長が思うようにいかない。
  • 人事に関する悩みが尽きない。
  • 管理部門の評価をどうすれば良いかわからない。
  • NO.2となる人材が育っていない。
  • リーダーが育っていない。
  • 今の人事制度が良いかわからない。
  • 社員の定着率が悪い。
  • 3年で5人以上の社員が辞めている。
  • 上司の評価のばらつきが気になる。
  • 人事評価は最後は社長である自分が最終決定を
    下している。
  • 同業者の社員は元気に活躍しているのに、うちの社員は元気がない。その理由を知りたい。
  • 人事制度は総務部長にまかせっきりである。
  • 個々の力が強く、チームワークがない。
  • 成果主義の導入によって、社内がギクシャクしている。
  • やる気に満ち溢れている社員をもっと伸ばしてあげたい。
  • 上司が部下を育成できない。
  • 社員教育をしても成果が出たことがない。
  • 伝説の社員をつくる仕組みを知りたい。

会社経営の悩みは人に関わるものが多いのが真実です。

ということは、もし、人事制度をしっかり構築すれば…。
そんな仕組みが構築できるとしたら、知りたくないですか?

人事制度って、給与・賞与の査定じゃないの?

その考えが社員を混乱させています。だから、悩みが増えるばかりなのです。そんな社長の悩みに答えるべくこの人事制度のコンサルティングを行っているのです。

あなたの会社は、社長を陥れる出口のない「人事のトンネル」に
迷い込んでいませんか?

その特徴的な現象が、社員の定着率に反映されます
あなたの会社の社員の定着率はどれくらいですか?
定着率ってあまり考えたことがないな…
実は社員の定着率が悪いと、採用コスト、教育コスト、福利厚生コストすべてが増加します。
つまり、定着率が良い会社に比べコストアップになるということです。
当然、業績に大きく影響します。
あなたは、社員の定着率を上げる努力をしていますか?

実際に人事制度コンサルティングを利用されたお客様の声はこちらから

同業者様からの声

個々の中小企業が『人事』を考えるときの基本を押さえられる

「人事」という言葉は範囲が非常に広く、認識が個々によって全く違う、曖昧な概念です。しかし、会社で従業員が日々働いている以上、「人事」を考えない訳にはいきません。何から手をつけたらいいのか?とお考えになる中小企業の社長には、ぜひお薦めです。
「失敗しない人事」「成長する組織」「給与、賞与の考え方」等々、具体的な事例を踏まえた再現性のある内容になっています。人事について考えをまとめて制度にするうえで必要な「要素」が押さえられています。

IPMコンサルティング 株式会社
代表取締役・特定社会保険労務士 本澤 賢一様

人事制度の本質を知ることができる

私も人事コンサルタントとして多くの企業のコンサルティングに携わっておりますが、給与・賞与の査定を主目的として人事考課を実施する企業が多いのが現状です。 確かにそれも大切ですが、果たしてそれだけでよいのでしょうか?
この仕組みは、人事制度を実施する際に必要なことは何なのか、つまり、人事制度の本質を知ることができます。そして、この考え方を指針として、人事制度を設計・運用していけば、2年後、3年後には間違いなく、御社の社員が成長し、その結果・・・御社の業績が向上していることと思います。
このチャンスを逃す手はないですよ!! 人事コンサルタントの私が補償いたします!!

村井経営労務サポート
村井 健一様

「成長・育成シート」は、とてもいいですね

人材の話はおもしろかった。「人罪・人災・人在・人材・人財」というのは、印象に残りますね。まじめな社員だったら、この話を聞いたら、「自分はどれだろう」と考えるでしょうね。

「成長・育成シート」は、とてもいいですね。私も銀行員時代、このようなシートで、自己申告をして上司の面談を受けるというのが、ありました。ただ、業務の項目と自己評価の番号(5段階だったと思います)があるだけだったので、番号の基準をどこにおいたらわからず、しかも、面談の直前に渡されたので、面談をするほうも、されるほうも、首をかしげながらしていた感じです。こういうように基準を明確にされてあれば、お互いに納得できるし、社員にとっても目標設定をしやすいですよね。(ちなみに、その銀行時代のシートは1・2回で廃止になりました)

社会保険労務士 吉成 玲子様

トップと社員との間に人事制度の公開&対話が今後の会社の発展に繋がる

人事制度の内容は参考になりました。社長なりトップと社員との間に人事制度の公開&対話が今後の会社の発展に繋がると思いました。
今の会社では上が評価してはいますがどのように評価されどこが評価されていないかさっぱり判りません。自分の評価が全体の中で上なのか下なのかも判らず賞与が支給されています。せっかくの賞与支給なのに一言もなくただ貰うだけでは寂しいです。評価が判らないのではモチベーションが上がりようもないですよね。

K社会保険労務士様

北出経営労務事務所における人事制度サービス料金について

強い会社をつくるための人事制度コンサルティング 費用
社長の想いをカタチにする 900,000円~2,500,000円
モチベーションアップのための仕組みをつくる
この会社に入って良かったと言わせたい
社員が成長するための仕組みをつくる
業績が向上する人事制度をつくる

※上記価格は税別金額です。

お気軽にご相談・お問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0776-58-2470[対応時間:8:00~20:00]
  • 初回無料相談はこちらから
  • お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ