スタッフブログ

黒ぬりマスク・・・

投稿日:

今回のブログは小林が担当させていただきます。

9/6日(金)、9/7(土)に弊社イベントの1つである、「内定者合宿」に初参加させていただきました。

この内定者合宿というのがとても大規模なもので、有名旅館の「あわら清風荘さん」にて今年は100名の内定者へ向けた研修を合宿形式でおこないました。

実は、この「合宿形式」という点が他にはないポイントなのです。

研修内容も弊社のノウハウを詰め込んだ内容の濃いものになっており、合宿形式をとることで内定者同士の仲が非常に縮まるといった狙いです(^^♪

 

私はこの2日間、運営補助のポジションで携わらせていただき、宿泊もさせていただきました。

 

しかし、一言で運営補助とはいっても実は重大な任務もありました…。

 

それは、1日目の18:40~始まる宴会の出し物です(@_@;)

 

私自信、宴会に参加するのは大好きですが、100名の前で出し物をする立場となると話が変わってきます。笑

普通ならどうしよう…となるところですが、実は弊社スタッフの櫻井がメインで行うものだったので、これも私はサポート役でした。笑

事前に聞いた情報によると、内定者の中には外国人の方も1割ほどいらっしゃるとのことでした。

 

いろいろ考えた結果、櫻井と私が考案した出し物は「伝言ゲーム」です♪

ルールは至ってシンプルで、食事中の同じ縦列の方に伝言をまわしてもらい、最初と最後でどれくらいズレるのかを楽しむものです。

「新入社員は報連相が大事」=「伝言ゲーム」といった理由がメインで、外国人の方もいるならきっと最後には面白い回答になるだろうと予測して採用しました。

 

司会進行は櫻井が行いました。

その間のサポート役で私が演じたのが、「報連相が苦手な黒ぬりマスクを被った何もしゃべらないキャラ」です。

私のイメージでは、まずこのマスクを被って登場した時点でドカーンと笑がとれると思っていました。

ですが、現実はそう甘くありません…。

聞こえてきたのは、「怖い…」「え、やば」です。笑

料理を運んでいた旅館の女将さんにも「すごいのいる…」と思われたような気がします。

 

私のサポートはスベった感満載でしたが、出し物は櫻井がうまく盛り上げてくれたおかげで無事成功しました。

宴会の最中、自分のキャラ設定が微妙だったことに内心へこみ気味でしたが、なんと最後の最後に嬉しい事がありました!

 

私の姿が気になった外国人の内定者の方から、「私の国にはこのような文化はありません!一緒に写真撮って下さい!」と言われたのです(;O;)

 

もちろん!(心の声)

コクリと頷いて一緒に写真をとりました。

 

それを見た櫻井が、「他にも写真撮りたい方いたらどんどん来て下さい!」とすかさずサポートの一言!

 

よし!俺の時代きた!(心の声)

と思ったら、その外国人の方以外誰も申し出て来ず、結局最後まで全く喋らなかった私でしたが思わず「いや、誰もおらんのかい!」と言ってしまいました。

 

私自身、この2日間を通して「どうやったら少しでも多くの人に笑ってもらえるか…。」

新たに反省と改善点が見つかりました。笑

 

弊社社員の中では最年少の私も、気付けば今年で29歳…。

内定者の方を見ていたら私自身少し忘れていたものもよみがえり、あらためて初心を忘れずに頑張ろうとパワーをもらえました。

 

来年も参加したいと思った、とても有意義な2日間でした(*^_^*)

そして、弊社主催の内定者合宿にご興味ありましたらいつでもお問い合わせ下さい!