スタッフブログブログ

夏と言えば……

本日も曇天模様(-_-;)

ジメジメした梅雨が明けると、いよいよ、夏本番です。

 

最近は週末になると近所の野球場から、

高校球児の熱のこもった掛け声と

ボールを打ち返す金属バットの気持ち良い音が

風に運ばれ、我が家に届きます(^.^)

 

夏と言えば、「高校野球」のシーズンです!!!

 

ギラギラの太陽の元、駆け回る高校球児の姿には

思わず、ココロが打たれます。

 

さて、

高校野球史上最強のチームは何処と聞いたら、

各々、様々な年代のチーム、高校が頭を駆け巡るかもしれません。

 

桑田&清原のKKコンビを擁したPL学園?

怪物松坂を擁したの横浜高校?

21世紀最強チームの大坂桐蔭?

 

私が思う最強チームはズバリ!!

 

3年連続・決勝進出時代の北海道の【駒大苫小牧】です(/・ω・)/

 

北海道勢の史上初の全国制覇から2年連続の甲子園制覇!

そして、田中将大と斎藤佑樹の両投手の投げ合いによる

伝説の延長15回再試合の決勝!!

 

リアルタイムで熱狂した自分としては、

「最強」の二文字が鮮明に頭に浮かびます!!

 

そんな最強チームを率いた監督

【香田誉士史】氏の半生が書かれた

「勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇」

という丁寧な取材によって、「栄光と挫折」を描いたノンフィクション作品があります。

 

香田監督の圧倒的個性と行動力・成功に感嘆するだけではなく、

その裏にある挫折、そして、高校野球の光と闇を垣間見ることができます(゜o゜)

 

高校野球好きは勿論、チームを引きておられるリーダー職の方にも

是非、読んでいただきたい一冊です!!

 

では、体調を崩さないように、3連休をお楽しみください!