スタッフブログ

間違った覚え方

みなさん、こんにちは!

北出経営労務事務所の水野です。

突然ですが、最近笑った話をします。

私には4人の娘がいます。

4人!?という声が聞こえそうですが、そこは置いておいて・・・

やはり女の子は口が達者といいますが、

どんどん変なことを覚えて保育園から帰ってきます。

 

はいはい、やればいいんでしょ!

いい加減にしてよ!

なんで、それをしなきゃいけないの

 

など、なかなか強気でバンバン来ます。

ちなみにこの発言者はうちの2番目、

5歳です。

 

けど、最近笑ったことがあります。

子供って、小さい子は字が読めないので

耳で聞いた言葉を、自分の言葉にして

話すんですよね。

 

例えば、歌。

今、うちの子がハマってるのは、

話題のDAPAMPUSA

一部歌詞を紹介すると、

C’mon, baby アメリカ

どっちかの夜は昼間

 

うちの子が歌うと…

 

パーモン!ペイピー!アメリカっ!

あしたの夜はひるまっ!

 

と自信満々で歌うので笑えます。

テレビで流れた瞬間に大合唱が始まります。

 

最近、3番目の娘(4歳)がどうやら

英語をほんの少し覚え始めたみたいなんですが、

しゃべれるのは、数字やハロー!ぐらいです。

 

3(スリー)2(トゥー)1(ワン)go(ゴーーー)!

と行って家の中をいきなりダッシュします。

本人は本当に真剣な顔で、覚えたての英語を

スリー!

プー!

ワン!

ポーーーっ‼︎

 

笑いました。

本人はみじんも間違っていると思っていないので、

意を決して、「その言葉、間違ってるよ。」と

教えてあげました。

案の定、「・・・?」と黙るだけで、

5秒後には、

スリー!

プー!

ワン!

ポーーーっ‼︎

 

間違った言葉は教えたくないけど、

直されると少し残念に思った

4人のパパでした。

 

また子供ネタ良かったら

聞いてくださいね^_^