スタッフブログブログ

「金継ぎ」

衛生管理者
皆さん、こんにちは。
北出経営労務事務所の橋爪です。
 
突然ですが皆さん、「金継ぎ」ってご存知ですか?
聞いたことはあるよ、見たことがあるよ、という方は多いのでしょうが、
実際に金継ぎを依頼したことがある方は少ないのではないのでしょうか。
 
今年の夏、鯖江の漆職人の方に金継ぎを依頼しまして、
つい先日、修復された器が手元に戻ってきたので、ぜひ皆さんにもご紹介させてください。
 
金継ぎ修復前
 
写真のとおり、大切な方から頂いた大切なご飯茶碗を、パリっと割ってしまいまして…。
本当にショックで途方に暮れていたところ、「金継ぎ」を思い出したのです。
 
金継ぎとは:(きんつぎ)とは、割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法である。金繕い(きんつくろい)とも言う。
 
修復後
 
生まれ変わって蘇ったお茶碗です。
金継ぎが施され、修復して生まれ変わった茶碗を見て、喜びも一入でした。
一生大切にしたい器なので。
継ぎ目のところを「景色」と呼ぶのだそうです。
割れたことはショックでしたけれど、唯一無二の茶碗の新しい景色を味わい楽しむのも醍醐味の一つですよね。
 
壊れても、更に味わい深く生まれ変われる…。再生できる…。
これって、私たち人も同じだと感じませんか?
 
今週火曜日、福井大学栗田氏による「メンタルヘルスセミナー」の講習を受けてまいりました。
何となく元気がない…、最近ミスが多くなった…、そのような従業員を見かけたら、
私たちは何をしてあげられるのか、というような、私たちが実践できそうなセミナー内容でした。
ストレスを感じやすい現代人の為の簡単なリラックス方法として、講師の方が最もおすすめしていたのは、
「瞑想」でした。
自宅でも職場でも、少しの時間で、心身をリラックスすることができるのだそうです。
多かれ少なかれ、仕事においても家庭においても、人はストレスを感じたり悩んだりがあると思います。
つくづく思うのですが、失敗したり転んだり傷ついたり、辛い経験をしている人の方が、
その人の言葉に説得力が生まれ、人間としての内面の深みが増していて、輝いて見えます。
ですから、ストレスとうまく共存していければいいですよね。
 
 
ということで、早速私も就寝前の少しの時間で「瞑想」を実践しています。
皆さんも生活の一部に「瞑想」を取り入れてみてはいかがでしょうか。