北出所長のブログ

小規模事業に全額補助? 社労士の仕事

投稿日:

本日の体温36.4度。小規模企業に全額補助?

気になる見出しに思わず、中身を確認。

現在、休業して休業手当を支払う企業には

「雇用調整助成金」「緊急雇用安定助成金」が支給されますが、

中小企業(小規模企業含む)には9割(解雇なしの場合)の助成と

なっています。

今回の内容は、小規模企業に限り10割(助成金上は前年度の平均賃金日額)

の助成とするものです。

小規模企業とは、

商業・サービス業では従業員5人以下

製造業その他では従業員20人以下。

対象は、全国で3000万社。従業員数は1000万人を超えるとみられていますが、

従業員の方にとっては給与が100%補償されるのはありがたいこと、

また経営側としても100%補償であれば経営判断がしやすくなります。

(資金繰りの問題はありますが)

 

ただ、従業員数を多く抱えている企業も苦しさは一緒。

対象を中小企業に広げると財政として厳しいとは思うのですが、

雇用維持という観点では同じ。

 

難しい政治判断だなあ。

 

さて、今日も雇用調整助成金の書類チェックや来月から本格化する

労働保険料年度更新のチェック。

やること盛りだくさん。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助成金申請について、社労士もある意味命がけで仕事をします。

上記の記載のように不正受給(黙認含む)があった場合、事業主とともに連帯責任を負うからです。

社労士の仕事も出来なくなります。

 

顧問先様を全力で守るために、今から籠ります。