北出所長のブログ

選択と結果

選択基準を見直す

メンタリストで活躍している飯山 晄朗さんが次のような

ことを述べていました。

「私たちにはそれぞれ”欲求”があり、その欲求を満たそうとして

行動しています。どんな欲求があるのかというと、

1.安心していたい(不安から逃れたい)

2.ワクワクしていたい(退屈なのはイヤ)

3.認められたい(バカにされたくない)

4.誰かとつながっていたい(嫌われたくない)

5.(痛みを伴ってでも、お金を払ってでも)学びたい、成長したい

6.(誰にも知られなくてもいいので、見返りを求めないので)貢献したい

以上6つの欲求です。

そして、この6つの欲求は、そのまま行動の”選択基準”となっています。

何らかの選択を迫られたときに、無意識の中で6つの欲求の中のどれかに

基いて判断し行動しているのです。

自分が何かの行動に出るとき、どの欲求に基いて選択をしているのか・・・。」

一般的には1から欲求が満たされていくと言われていますので、

仕事をする上でまずは、仕事ができる喜び・安心感。そして仕事の中で楽しさ、ワクワク感を

見出したい。更に人に認められたい、仲間と一緒に達成感を味わいたいと進化していきます。

大事なのはここから、学びたい、成長したい、貢献したいという選択。

結果が変わらないのであれば、違う選択をしてみる。

未来を変えたければ違う選択をしてみる。ひとつ上の選択をしてみる。

選択が結果を変えます。

今の仕事に置き換えてみる。

家庭にも置き換えてみる。