北出所長のブログ

新入社員 最初が肝心

投稿日:

来週からいよいよ新入社員が入社しますね。

新型コロナウイルスの話題で連日持ちきりですが、

気が付けば、来週は4月1日。新入社員が入社してくる日です。

入社式をどうしようか、教育をどうしようかなど色々と

悩む時期ではありますが、新入社員には大事な時期です。

何事も最初が肝心ですが、

入社する新入社員への教育ばかりに目を奪われて、

既存社員への教育や伝達は疎かになっていないでしょうか。

 

例えば、言葉遣いや服装、態度。

新入社員に敬語やマナーを教えるわけですが、

既存社員の敬語がなっていないと示しがつきません。

休んでいる社員に対して、「〇〇は、お休み頂いております」

これアウトです。

社内、つまり身内なのに「お休み」と「お」をつけること、

「頂く」という謙譲語も休みは相手から頂くものではないため、

これも不適切。

 

「〇〇は休んでおります」

「〇〇は休みを取っております」

が正しい使い方です。

 

挨拶も動作を止めて行うパターンがきれいな挨拶。

動きながらする挨拶が正解ではありません。

旅館やホテルなどで受ける挨拶などを

思い描くとお分かりかと思います。

気持ちの良い挨拶、これも意識してみましょう。

 

最初が肝心。これは既存社員に言えることです。

 

こういった研修のご相談も承ります。