北出所長のブログ

告白と一緒 響く話し方について学ぶ

先日、社労士会福井支部の研修会で

フリーアナウンサーでありモデルの土井梨津子さんのお話を聞きました。

テーマは社労士として「相手に響く話し方」。

人前で話すことが多い社労士の仕事ですが、(少なくとも私の1日はほぼ打ち合わせやセミナー、書面づくり)

説明ではなくどう相手に響く話し方ができるかについて学びました。

有名な話にメラビアンの法則がありますが、

視覚(見た目・表情・しぐさ)・・・55%

聴覚(声のトーン、間、大きさ)・・・38%

話す内容・・・7%

話す内容で響かせるには、視覚、聴覚を意識することも大事。

また社労士としての職業イメージも響くポイントとなります。

社労士だから働き方改革に関するセミナー依頼がありますし、

採用や定着に関すること、人事評価制度に関することもあります。

「響く」とは相手がいて初めて成立するもの。

告白と一緒だね(笑)。

生産性向上のための無料セミナー開催します2月18日