北出所長のブログ

人材定着に大事なこと、、、⑦

人材定着に欠かせないものとして、「働きがい×働きやすさ」

が必要です。

今回は企業のエンゲージメントを測る指標について。

米国の調査会社ギャラップ社は企業の業績を正確に診断できる質問として

Q12の質問を用意しています。

全世界1300万人のビジネスパーソンを調査し、

導き出したエンゲージメントを測定する指標が次の12個。

 

1.私は仕事の上で、自分が何を期待されているかがわかっている。

2.私は自分の仕事を正確に遂行するために必要な設備や資源を持っている。

3.私は仕事をする上で、自分の最も得意とすることを行う機会を毎日持っている。

4.最近一週間で、良い仕事をしていることを褒められたり、認められたりした。

5.上司または職場の誰かは、自分を一人の人間として気遣ってくれている。

6.仕事上で、自分の成長を励ましてくれる人がいる。

7.仕事上で、自分の意見が尊重されているように思える。

8.自分の会社の使命/目標は、自分の仕事を重要なものと感じさせてくれる。

9.自分の同僚は、質の高い仕事をすることに専念している。

10.仕事上で、誰か最高の友人(親友)と呼べる人がいる。

11.この半年の間に、職場の誰かが自分の進歩について、自分に話してくれた。

12.私はこの一年の間に、仕事上で学び、成長する機会を持った。

 

この12の質問を5点満点で採点していきます。すべて5点がついている社員や組織は

素晴らしいと思いませんか?一人一人がワクワクする組織である。

エンゲージメントが高い組織、業績がいい組織と想像できます。

そこまでいく組織は理想だとしても、大事なのは現状を分析し、どこに改善ポイントがあるかを

確認することです。

ちなみに定着に関係する質問は、

1.2.3.5.7の5つだと言われています。

ここを高めるためには何をすべきか。今までのシリーズでもお伝えしていた内容ですね。

 

ひとつずつ実践していきましょう。