北出所長のブログ

今年の春闘指針、、、

投稿日:

昨日、経団連から発表された春闘に関する内容。

経団連は21日、2020年春闘で経営側の指針となる

「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)を発表。

賃上げは「前向きに検討する」ことを基本とし、

基本給を底上げする「ベースアップ(ベア)は選択肢」と

容認しつつも、勤続年数に応じた一律ではなく、

成果や職務、若手や中堅への重点配分など多様な方法を求めた。

加えて、「(社員の働きがいや熱意を示す)エンゲージメントを

高めるための総合的な処遇改善が両輪になる」と強調した。

 

日本型の終身雇用を見直す内容は前々から言われていますが、

評価制度や賃金体系は、社員の定着には欠かせないものです。

 

加えて、明確なキャリアパスが人生設計に影響することを

考えると、会社の方向性によって賃金体系の見直しは経営の

根幹となる大事な部分。

 

変えればいいというものではありませんが、今の状態で

大丈夫かの見直しは必要ですね。

 

(写真は産経新聞より)