北出所長のブログ

自社の取り組み

投稿日:

今年の取り組みの中に自社の「教育強化」があります。

知識や教養、考え方、生産性、会社の仕組みなど

社会人として身につけたいことや専門サービス業として

知っておくこと、話せることなど今まで「わかっているだろう」と

思っていたこともあえて伝えるようにします。

 

自分の当たり前は人にとって当たり前じゃない。

社長の当たり前は社員にとって当たり前じゃない。

 

そう考えた時、教育の仕方が変わります。

 

先日の勉強会では、自己資本比率や労働分配率、粗利益、営業利益など

会社の数字、社長が気になる用語を伝えました。

そうしたところ、

「こういった勉強会を待っていた」

「教えてもらってよかった」

などの声も上がり、社内の反響も良かったのです。

 

社長との相談の中で当たり前のように出てくる上記の言葉。

どう考え、どういった数字だとよいのかを知っておくと

話も弾むし、改善、対策もできます。

 

教育は大事。口で言うのではなく、実践する。

観察する。検証(テスト)する。

 

これからのスタッフの成長が楽しみです。

 

もちろん、こういった話をして欲しいの

ご要望も研修で承ります^^