北出所長のブログ

自分を客観的に見ることってできる?

先日、スタッフと同行してお客様のところに訪問した帰り、

車内でこういう話をしていました。

北:「業務改善や自分の課題ってどうしたら見つけれると思う?」

ス:「客観的に自分をみれるかどうかじゃないですか?

目の前の仕事に取り組むだけだったら見つけられないと思います。」

北:「そうだよね、じゃあ、目の前の仕事で少しでもミスを減らしたい、

スピードを上げたいとは思うよね。」

ス:「思う人とそうじゃない人はいると思います。」

北:「なんでそう思うの?」

ス:「目標値がないからじゃないですかね。今の状態がいいのか、悪いのかも

わからないから。また黙々と目の前の仕事をしたいという人もいるかと。」

北:「いろんな人がいるのは確かだけど、社長も部長も何とかしたいと思っているよね。

だから我々に依頼をしている。

まずは現状確認をしないと改善策も見つからないし、目標値も設定できない。

目標があるからこそ、それに向かって改善する。」

よくある話。ぐんぐんと力をつける人は自分を客観的に見れるし

そのための行動もとる。客観的に見れないと行動も伴わない。

知識と経験も大きいですが、ここはトレーニングするしかない。

トレーニングが人材育成の場であり、業務改善、成長の場。

会社の成長は社員の成長。

スタッフとこういう話ができるのも嬉しい。

成長が楽しみだなあ!!