北出所長のブログ

働きながらの年金に朗報!

投稿日:

働きながら年金をもらう方は年金額が調整されることがあります。

これらを「在職老齢年金」と言いますが、

厚生労働省は65歳以上の方が減額対象となる基準を

緩和する方針を固めたようです。

現在、65歳以上の方は年金と給与が月額47万円を

超えると年金額の調整が入りますが、

この基準を月額62万円超に引き上げる案で

調整が進んでいます。

つまり、月額62万円までは年金が全額支給されるというものです。

会社の経営者や会長職の場合、この金額で調整されていることも

多いので、施行されると大きく動きますね。

 

具体例を出します。

報酬比例部分の年金額  15万円/月

報酬(給与) 45万円/月

=月額60万円となり、年金額の一部調整が行われていました。

 

これが、引き上げにより月額62万円を下回るため、

年金額が満額支給されます。大きいですね。

 

在職老齢年金は高齢者の就業意欲をそぐという指摘が

出ていましたので、厚生労働省は廃止を含めて見直しを

検討していましたが、廃止は年金支給額が大幅に増え

年金財政への影響が大きいため今回の案で進んでいます。

(写真は日経より)

 

施行時期は未定ですが、年内に方向性が決まるとのことなので

わかり次第、お客様に案内をかけますね。

 

✳︎ちなみに、65歳未満の方はこの金額が28万円で算定します。

ここは従来通り変わりません。