北出所長のブログ

インターンシップ生受け入れ

投稿日:

昨日はインターンシップ生の受入れでした。

緊張した面持ちで参加した3名のインターンシップ生。

朝8時半からの朝礼から参加してもらいました。

朝礼は、使命・経営理念の唱和から始まり、

挨拶実習、本日の業務内容報告、職場の教養を使った一言など

約15分の時間で仕事を始める準備を行います。

 

やや滑り気味のスタッフの自己紹介も温かく受け止めていましたw

 

朝礼に参加した感想を聞くと、いくつかのインターンシップを

経験してきたが朝礼に参加するのは初めてだそうで

「朝から元気なのですね」

「硬いイメージがありましたが、明るくてびっくりしました」

「笑いが起きる朝礼なんですね」

と当社の朝礼のイメージを語ってくれました。

 

今回のインターンシップは、企業コンサルティングコースという名目で

社会保険労務士やコンサルティング内容が企業の発展にどのような

影響を与えているか、どのような価値を提供しているかを知ってもらう

場として組んでいます。

 

朝礼後、理念の意味やビジョン、何を大事にしているか

我々のサービス内容などを説明し、お客様の許可をいただき

セミナーのご依頼の場に同席もしてもらいました。

 

実際にどのような要望があるのか、どういうやり取りをしているのか

肌で感じてもらいました。

もちろん、インターンシップ生とは秘密保持契約(NDA)を結び

情報漏洩の重要性も伝えています。

 

そして、お昼はスタッフ全員と食事を兼ねての情報交換会。

インターンシップ生から実際に働く環境ややりがいについて

質問が上がっていました。

 

午後は当社が主催するセミナーにスタッフとして参加し、

司会やカメラワークなど企画運営に携わってもらいました。

コンサルティングの一貫としてセミナーの企画運営があるということを

知ってもらう貴重な経験となったと思います。

 

今の時期、色々なことを経験し自分のやりたいこと、

興味があることを見つける時間。

 

社会保険労務士、企業コンサルという仕事に少しでも

興味を持ってもらい、やりたい仕事の一つにして欲しいですね。