北出所長のブログ

欲しい人材を確保、定着する

人がいれば何とかなるのになあ・・・

今や製造業に限らず、建設業、清掃業、飲食業、小売業など

あらゆる業種で外国籍の方を雇用し企業の安定・成長に

つなげています。

人手不足は業種問わず、困っている企業は多いわけですが、

本日の福井新聞では、福井銀行が人材紹介事業に参入する記事が

ありました。人材派遣会社と連携し人手不足の解消支援を

行うようです。

4月以降、有効求人倍率はやや改善され、募集をかけると

ハローワーク経由からも応募がちょこちょこと

入ってくるようになってきています。

そこで欲しい人材が確保できれば一番ですが、応募があっても

求める人材とは違う、わからないけどとりあえず採用してみよう

と目の前の人手不足を補おうと安易な決断をしてしまうと後々

大変なことになります。

大変って何が大変なのか。

すぐに辞めるのです。やっぱり合わないって、、、

教えても数ヶ月で辞めてしまうので、教える側が疲弊します。

また、能力的に厳しい人もいます。

社労士事務所として、入退社の手続きをしていると

苦労が目に見えてわかります。

ビジョナリーカンパニー2の中で、ジムコリンズは

「誰をバスに乗せるか」が重要だと説いています。

昔から言われていることですし、当たり前と言えばそう。

欲しい人材は本当に明確になっていますか?

欲しい人材を確保していますか?

欲しい人材を確保、定着するためのセミナー開催します。

欲しい人材を確保、定着するためのセミナー

9月25日(水)16:30〜18:00

ぜひご参加ください。

対象は、経営者様、経営幹部、総務・人事部長などです。

それまで待てない!という方は個別にご連絡ください。