北出所長のブログ

甲子園開幕!チーム作りを考える。

投稿日:

夏の甲子園が開幕!

暑い夏、日本の夏、球児の夏が開幕しました。

開幕日から満塁ホームラン、延長戦と白熱した試合が続き、

今年も盛り上がりそうな予感です。

満塁の時の緊張感はたまりませんw

(写真は、サンスポさんより)

 

球児たちの思いは、甲子園出場、甲子園1勝、全国制覇など

チームによって色々とあるでしょうが、チーム内で意識していることは

一緒です。同じ思いを持って戦っています。

そこに迷いはありません。

 

では仕事になるとどうなのか。部署もチーム、会社もチーム。

大小の違いはありますが、紛れもなく仕事はチームで成り立っています。

チームであるからこそ同じ思いを持つことで一つにまとまります。

 

スポーツはわかりやすいのに仕事は違うの?

それは、やらされ感とワクワク感の違い。

 

やらされ感だったらモチベーションも上がらないし、長続きもしない。

ワクワク感なら自ら動くし、楽しい、長続きする。

ワクワク感までいかなくとも、それに近い仕事の醍醐味を

経験させることで成長を実感してもらえる。

成長してる、認められている、この仕事好きかも、頼りにされてる。

これはトップ、上司の役割。

 

監督やコーチが変わると組織は大きく変わる。

トップや上司が変わると会社が変わる。

 

強いチーム作り、いい選手の育成。

すべてはトップの考え方、行動から始まる。

夏の甲子園ってやっぱりいいな。

こういう考え方が入ってくるw

 

当社もさらにいいチームにするために日々研鑽します。