北出所長のブログ

教育にも現状把握が必要

人が増えてくると必要なものに教育があります。

数人だとトップや部門のリーダーが一人一人の力量を

把握できていたものが人数が10名を超えてくると

把握しきれなくなります。

そのため、スキルマップやキャリアパスを作り現状の力量を

把握したり、定期的に勉強会を開きスキルアップを図る

取り組みを行います。

 

教育は会社商品の質を保つために不可欠で、

最近ではマニュアルが紙ではなく、動画というところも増えてきています。

また、例えば挨拶一つにとっても

「おはようございます」と目を見て、立ち止まって挨拶する人と

「おはようございます」と目を見て、歩きながら挨拶する人。

 

どちらが会社として支持するのかを示しておかないと

自分たちの解釈で会社の思いと違う方向に走ることも

あります。

 

教育は大事、だからこそ現状を把握し、何が課題となっているのかを

認識することが必要。自らが気づかないと変わらない。

これが当事者意識。

 

自戒も含めて。