北出所長のブログ

長州力さんの代名詞と言えば、、、ビジネスもそれが強み

投稿日:

長州力さんが引退!

小中学生の頃、学校の遊びというと、野球、卓球、サッカー、ドッチボール、鬼ごっこ、プロレスでした。

そのプロレス遊びの中で活躍したのが、長州力さんと藤波辰爾さん。

雪の日は、集団登校集合場所で特性リングを作り、遊んでいました(笑)

共にリキラリアットやサソリ固め、ドラゴンスープレックスやドラゴンスリーパを繰り出し戦っていました。

必殺技です(笑)懐かしい・・・。

長州力さんが引退!という文字を見ると、なんだか寂しさを感じますが、67歳!お疲れさまでした!

 

仕事ができる人や活躍する人の特徴にその人の「代名詞」がありますね。

 

最近では大リーグ大谷選手の「二刀流」やレアルマドリードに移籍した「日本のメッシ」こと久保建英選手。

ビジネスでは、孫の二乗の兵法で独自の経営手法を展開するソフトバンク孫正義会長。

アメーバ―経営の京セラ稲盛和夫会長。

自分でつけるのではなく、ほとんどが周りにつけてもらう代名詞ですが、

強みでもあり、最大の特徴。これがあると覚えてもらいやすいです。

 

私も(弊社も)何か代名詞をつけないとなあ。

昔は、インカムつけてセミナーをしていたので、インカム北出って呼ばれていた時期もありました(笑)

 

最近では「働き方改革」や「人事評価制度」の取り組みがあるけど、

う~ん。必殺技を作らないといけないか。