北出所長のブログ

ルーキーの心得え! 経験値

投稿日:

日ハム昨年のドラフト1位吉田輝星投手がプロ初登板初勝利をあげました!

1軍登録して、即先発。そして5回4安打1失点で初白星をあげるなんて

さすがですね。甲子園で活躍した姿と同様、今後が楽しみです。

 

対戦した広島の選手もルーキーの投球に色々なコメントを出していました。

(以下、スポーツ報知のコメントより)

長野「マウンドでの落ち着き方はルーキーっぽくない感じがした。

セットポジションで長く持ったり、早く投げたりも上手」

菊池涼「クセのあるカット気味の直球だった。初対戦なので

みんな構えてしまったというのがある」

バティスタ「(オール日本語で)良かった。真っすぐがちょっと伸びる」

鈴木「難しかった。指にかかったボールは見たことがない球。

真っスラをイメージしたらスピンがかかった球が来て、スピンがかかった球を

イメージしたら真っスラが来たり…」

西川「久しぶりに見ました、あんな直球のいい投手。

(初回)初球の空振りで『速いな』と思った」

 

堂々たる初登板の背景には十分な練習をしてきたという自信があったと言います。

やはり、いい成果を出すには、経験値(練習・場数・トレーニング・気持ち)を

上げるしかない。現状を分析して課題を克服する、いいところを伸ばす。

 

プロの世界、今後は研究され更なる試練が待っていると思いますが、

楽しみなルーキーの登場、期待したいですね。

 

ではこれを仕事と置き換えるとどうなるのか。

我々の仕事は、社会保険・労働保険の手続き、労災対応、就業規則の作成、

給与計算、働き方改革に関連する法改正の勉強・発信、労使間トラブル、

人事評価制度、人材育成など労働関連法や人を取り巻く仕事です。

どれも経験値を上げることがいい成果を出すためには欠かせませんが、

その経験値はどう上げるのか?

先輩から教えてもらったり、自ら考えてやり方を工夫する。

原則、就業時間内で積み上げることになりますが、多様化する

お客様、時代の流れ、法改正に対応するためには、自らの勉強も欠かせません。

 

最近、会社で愛はあるのかい?ということをしきりに言うようになりました(笑)

愛情、想い、それが自身を動かすものだし、お客様にも伝わるもの。

想いが行動につながるし、行動するにも想いが大事。

 

今日は社内勉強会、経験値を上げるぞ!