北出所長のブログ

就活にLINE浸透!

投稿日:

リクナビの発表によると6月1日の就職選考活動解禁日を前に

すでに内定獲得者が5割を超えたようです。

 

(✳︎就職選考活動解禁日は経団連に所属している企業が対象)

 

企業の採用活動方法としては

今までのメールや電話、専用アプリがありましたが、

それに加え学生が一番利用しているLINEの利用が

大きく浸透してきたようです。

 

メールのように、かしこまった言葉遣いが不要で

「1次面接、○日は来られますか」「大丈夫です」と、

日常会話に近いやりとりができるなど

学生目線での取り組みが浸透している大きなポイントですね。

学生の立場になると、気軽に返信もできるので

ハードルは低く利用しやすいです。

 

一方であまり簡易的になりすぎると、ビジネスマナーなど

本来就職活動で身につけるべきことが

疎かになってしまうのではないかと懸念もあります。

実際、敬語やビジネスマナーをうまく使えない人も

増えているので、何を重視するかによって、課題が分かれます。

 

早く内定をもらい、その後敬語やビジネスマナーを身につける。

会社側からすると早く内定を出し、その後ビジネスマナーを教育する。

そういう流れになっているのかもしれません。