北出所長のブログ

岩下社長の講演で学んだこと

投稿日:

経営者として高める3つのスキルを伝授

福井県及び近隣県で事業を展開するイワシタグループの

株式会社イワシタの岩下大介社長の講演会が先日の土曜日に

行われました。

岩下大介社長は3代目ですが、イワシタグループの経歴を見ると、

初代は機械製造業(株式 会社イワシタ)、

2代目は温浴事業(イワシタ商事株式会社・イワシ タ物産株式会社)、

3代目は飲食事業(イワシタフードビジネス株式 会社)

とそれぞれ異業種を立ち上げ、3本の柱として事業を展開しています。

 

ひとつの事業でも大変なのに3つの事業を進めた背景には業界の厳しさ

なども影響しているようです。

そのための仕組み化や社員とどう接していくか、社長としてどう考えるか

など触れていました。

 

あなたは、ポジティブですか、ネガティブですか?

 

私もそうですし周りの経営者はポジティブな方が多いですが

その割合について黄金比率があるようです。

 

米・ノースカロライナ大学教授のポジティブ心理学の

第一人者であるバーバラ・フレドリクソンは、

ブラジルの社会科学者マルシャル・ロサダと共に

チームの振る舞いを分析するための調査を実施し、

「ポジティブ3:ネガティブ1」の割合が幸福度や充実度を高める

という結果を発表しました。

 

確かに、全ポジティブだと大丈夫か?

ということになりますし、ネガティブが多いと決断できないし

進まない。

3:1の割合はすうっと腑に落ちた感じです。

素晴らしい結果を出している経営者を思い浮かべると

この比率が当てはまります。

 

また、講演の中で経営者が高める3つのスキルについても触れていました。

1.感性

2.人間性

3.生産性

 

常に勉強、変化は経営者自ら行うことが大切ですね。

 

岩下社長お忙しい中ありがとうございました。