北出所長のブログ

長所と短所どちらに取り組む?

投稿日:

長所を伸ばすのと短所を直すのとどちらがいい?

この質問に

日本人の70%が「短所を直す」と答えたデータがあります。

長所はいわゆる得意なこと、武器です。

短所は苦手なこと、できないことを指しますが、

短所は自分が気になっていることも多いですから、このようなデータ

が出るんですね。

 

でも、

どちらに力を入れるかというと間違いなく長所を伸ばすことです。

 

長所は自分の得意なこと、好きなこと、認められていることが

多いのでやっていても楽しいですし、効果も現れやすい。

要はどれだけ自分の武器を持っているかということです。

武器ができれば短所をカバーすることも可能です。

 

スポーツの世界でみるとわかりやすいですが、いわゆる野球の

代走要員や代打要員、守備固めなどは典型的な強みを伸ばす作戦です。

代走は足が速いという強みをここぞという時に投入し、得点力を

上げようという試みです。ジャイアンツの鈴木尚広選手はそのような

選手でした(代走の専門でパッと浮かんだのが鈴木選手でした)

プロ野球選手ですから打撃ももちろん高いレベルですが

もっと上のレベルの人はいるし、それよりも足の速さは群を抜いていた。

そこに注力したということですね。

 

このイメージって大事です。

「◯◯といえば」

で出てくるのはその人の強み、長所そのものだからです。

 

だからこそ自分の強み、武器を持つことが仕事でも交友関係でも

大事なこと。

「強みがない」

と自分を謙遜する人もいますが、間違いなくあります。

会社であれば、その強みを見つけてあげるのが上司の役目。

 

強みを伸ばす。それが自信にもなるし、成長にもつながる。

 

派手とか地味とか関係なく、自分の強みはこれですと

言えるようになってほしいな。

 

大丈夫、きっとあるから。

 

 

 

【補足】

もちろん、短所もできれば平均並みにはなった方がいいですが、

それでも苦手なことはなかなかできないこともあります。

ただ、チャレンジしてみると案外できた、改善された、平均並みとなった

ということもありますので、まずは全力でチャレンジすること。

そこからです。自分の可能性が広がるかもしれません。

 

ずっと経理をやってきた人(営業には向いていないと思っていた人)が

人手が足りなくなって営業に回ったところ

データを駆使した提案がお客様に好評でトップセールスマンの仲間入りした

ということもありますので、案外わかりませんよ。。。

自分の可能性を自分で閉じ込めているだけかもしれません。