北出所長のブログ

2億円事件!

投稿日:

2億円事件。

ちょっと前のことですが、ラーメンチェーン幸楽苑の年末年始の

広告が話題となりました。

2018年11月に就任した新社長の新井田昇氏。

社長が働き方改革に対するメッセージを発することは

よくあることですがあの3億円事件に文字って、表現することは

なんともセンスを感じます。

会社経営として営業日の判断は非常に大事。

売上利益に直結します。特に飲食店にとって年末年始は稼ぎ時と聞きます。

それでも新井田社長は、企業にとって売上や株価は大切ながら、

「働く人の気持ち」を守ることが今は大事と話したそうです。

幸楽苑によると、1月1日の売上は「およそ2億円」。

「働き方改革を、お正月にも」との思いから、

創業64年で初めての休業を決めたとのこと。

 

記事全文を抜粋。(写真は公式ホームページより)

2億円事件。

いつからでしょうか。

お正月にいろいろなお店が営業するようになったのは。

私たち幸楽苑も、いつしか年中無休のらーめんチェーン店を

売りにしていました。

たしかに、企業にとって売上は大切。株価も大切です。

でも。それよりもはるかに大切なことがあります。

新社長になってはじめての仕事は、1月1日の売上および2億円を

失ってでも、その大切なものを守ることでした。

それは、「働く人の気持ち」です。

サービス業で働くことは、みんなが休む日に働くこと、ではありません。

働く人にも家族がいて、みんなに等しくお正月はやってきます。

そこで、64年の歴史ではじめて、普段一生懸命働いてくれている社員の

ために、大晦日の夜と元日を、休業させていただきます。

働き方改革を、お正月にも。日本のお正月を変える、

小さな事件となりますように。

お客さまだけでなく、一生懸命頑張っている社員にも『幸』せで

『楽』しい時間を来年も、まだまだ未熟な私たちを

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

人手不足でシフトが組みにくいという状況もあったかと思いますが、

大きな決断。ただ、将来を見ての、会社を、従業員を守るための

今の時代にあった決断でしたね。

 

働き方改革、やはりこれはトップが決断しないと何も動かない。

ぜひ、一緒に取り組みましょう。我々も全力でサポートします。

こちらからどうぞ