北出所長のブログ

会社の忘年会に行きたくない人の割合

投稿日:

会社の忘年会に行きたいくない人が4割を超える

という話題が入ってきました。

田辺三菱製薬が全国20〜40代の働く男女500人を対象に行った

ネット調査によると44%を超える人が会社の忘年会には

行きたくないと思っているようです。

理由を見てみると、

・上司が嫌い。

・上司の話を聞くのが面倒くさい。二次会に連れて行かれる。

・時間の無駄。話がつまらないし、合わない。

など、なんとも耳の痛い話です(泣)悲しい・・・

その他、この調査ではありませんが、

・家族がいるので、、、、

・子供が小さいので、、、

・車なので(駐車場代や代行代を払うのが嫌)

という理由もあります。(本当のところはどうかはわかりません)

 

もちろん、性格的なものや家族の存在、場の雰囲気が好きか嫌いかも

ありますので一概には言えませんが、

私が20代の頃は

「普段食べれないものを食べれる」

「一年の締めくくりはちゃんとしないと」

「おごってもらえる!」

など単純で、会社の皆とバカ話も含めて一緒に話ができるというのが

楽しかったですけどね。

 

最近ではお酒を飲まない人も増えてきているため、

飲まないのに忘年会はツライと感じる人もいるようで、

「飲まなくていいから」

「最初だけお酒を注ぎにいって、後は食べてればいいから」

という言葉も大事なようです。

 

一方で、新人や後輩のマナーの一つに「お酒を注ぐ」ということが

ありますが、これを教える人も減ってきているようです。

お酒は飲まなくても、これは知っておきたいですね。

体育会系のサークルや大学だったら覚えますが(笑)

そうではない場合、

親が教えるか、先輩が教えるかのどちらかでしょうね。

(パワハラにならない程度にお願いします・・・)

 

まあ、最近はジョッキも増えてきたので注ぐと言うよりは、

「確認してから頼む」という気配りが大事かもしれません。

個人的には、この手の気配りは仕事にも影響すると思っています。

 

忘年会シーズンもそろそろ終盤。

できれば、一年の労は社員全員(会社によっては部単位)

で行いたいですよね。

 

誘い方や場の作り方も大きく影響する忘年会。

幹事さんお疲れ様です!!!