北出所長のブログ

3冠王って知っていますか?

投稿日:

3度の3冠王に輝いた落合博満氏の著書

野球に興味がある人であれば一度は3冠王という言葉を

聞いたことがあるのではないでしょうか。

打率、打点、本塁打の打撃3部門において

リーグ1位を獲得することで、強打者の証と言われています。

シーズンを通して活躍することがプロの証とも言われていますが

その中で大打者の証である3冠王を獲得することは

長いプロ野球の歴史のなかで7人しかいません。

直近では当時ダイエーの松中信彦選手が2004年に獲得しています。

3度の3冠王は落合博満選手だけです。

最強の助っ人バース選手も2度の三冠王でした。

 

最近ではヤクルトの山田選手やソフトバンクの柳田選手が

トリプルスリーを獲得して話題になりました。

トリプルスリーは打撃の中で打率3割、30本塁打、30盗塁以上を

獲得することで好打者の証と言われています。

 

話を元に戻すと、落合博満氏はプレイヤーでも活躍しながら

引退後は野球解説者を経て

中日ドラゴンズの監督にも就任し、リーグ優勝や日本一に導いた

手腕も持っています。

名プレイヤー名監督にならずとも言われていますが、

紛れもなく名監督の一人です。

 

日本シリーズで完全試合目前だった山井投手を当時絶対的抑えである

岩瀬投手に継投させたこともオレ流として話題となりました。

 

著書の中で

「一芸に秀でたければオタクを目指そう」というフレーズがあります。

 

自分の強み、誰にも負けないものをつくる。

それが結果として周りから評価される証となる。

 

改めて来年の計画を立てる際の参考になりました。