北出所長のブログ

6500万増? 松坂投手の活躍

中日ドラゴンズの松坂大輔投手の年棒を巡って

球団内で「安すぎる」「高すぎる」と賛否両論の声が

巻き起こっているようです。

引退か!とも言われた去年と比べ

今年は11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74で

カムバック賞にも輝いた松坂投手。

(写真は東スポさんより)

 

プロ野球選手の評価は主に成績(投手は勝利数や投球回数、防御率など)

ですが、成績以外の面でも大きな影響があります。

 

例えば、登板した日の観客動員数や関連グッズの売り上げなど

球団運営に貢献した面です。

松坂投手クラスになると顕著に数字となって現れます。

 

このように見ると、今年の松坂投手は、球団には

必要不可欠な投手だった、そのため年俸も大きく上がる

という評価となります。

個人的にはもっともらっていて欲しいと思いますが、

球団内の評価基準があるのでしょう。

 

企業に置き換えると当たり前ですが、

何を期待しているのか、どう成長して欲しいのか、

どのような成果を出して欲しいのかを

上司、本人がお互いに同意、理解することで

行うべき行動が見えてきます。

それが人材育成や評価につながります。

 

12月は賞与支給時期。

上司と部下がじっくりと話をする時期です。

人材育成に面談・対話は欠かせません!

 

給与って毎年上がるもんでしょ???