北出所長のブログ

3Dを使わない

投稿日:
助成金

当社の経営計画書の中に「素直さ」というワードがあります。

 

「でも」「だって」「どうせ」という3D(3毒)は自分の成長を妨げ、

周りにも悪影響を与えます。

また何より言い訳、自己防衛に走っています。

 

例えば、ミスをした時には自分の非を素直に認め、

何が課題だったのか、再発防止のための行動はどのようなことなのかを

考えなければ成長はありません。

自分という人間と素直に向き合わなければ成長はありません。

 

「この仕事お願いしたいんだけど、、、」

「でも、今この仕事をしているので受けることができません」

「・・・・」

 

「ここ、こうしたらいいんじゃない?」

「だって、こうなんですもん。」

「・・・・」

 

「この部分、誤字がたくさんあるよ。確認した?」

「あれ?確認したんだけどなあ」

 

誰しも自分は可愛いし、自分のしたことを評価してほしい。

これは私も一緒です。

 

素直でも返事だけじゃ意味がありませんが、

素直な人は自分の課題に向き合い、行動します。

可愛がられます。周りからも信頼されます。

仕事を任せられるようになります。

お客様からの評価も上がります。

 

まずは受け入れて素直に実践してみる。

実践しながら自分で考え答えを見つけて行く。

 

素直さは、人の成長には欠かせない。