北出所長のブログ

成果を最大限に発揮するために大事なこと

成果を最大限に発揮するために大事なこと

 

成果を最大限に発揮するために大事なこと

会社はチームです。団体もチームです。

 

チームワークを発揮し、成果を最大限に実現するために

参考となる考え方があります。

それがダニエルキム氏が提唱する「組織の成功循環モデル」です。

 

(ダニエルキム氏提唱)

 

組織が成果を上げたり、成功に向かって進んでいくために、

重要視しなければならない最大のポイントは組織の関係性と

示されています。

つまり、成果を最大限に高めるためには組織内の関係性、

信頼し合える仲間でないと成果も達成できないとしているのです。

組織の良い考え方は次の通りです。(グッドサイクル)

・チームの関係の質が高まれば、お互いが尊重し、結果を認め、

一緒に考える(関係の質)

・関係性が高まれば、前向きな意見が生まれ、気づきがあり、共有され、

当事者意識を持つ(思考の質)

・思考の質が高まれば、自主的な動きやサポートする動きが生まれ

行動が活発化してくる(行動の質)

・行動の質が高まれば、成果が出る(結果の質)

・成果が高まれば、また関係性もよくなる(関係の質)

という流れです。

うまくいっている組織は自ずとこのようなケースになっていることが

多いと思います。

 

反対になかなか成果が出ない、ギクシャクしているというケースは、

バッドサイクルに陥っています。

・成果・業績が上がらない(結果の質)

・対立が生じ、押し付け、命令・指示が増える(関係の質)

・創造的思考がなくなる、受け身で聞くだけ(思考の質)

・自発的・積極的に行動しない(行動の質)

・さらに成果が上がらない(結果の質)

・関係がより悪化する、なすり合い、自己防衛(関係の質)

 

成果を出すために必要なことは関係の質を高めること

そのために腹を割って話をしたり、必要な情報公開を行うこと。

信頼関係がないと協力しようという意欲になりません。

トップやリーダーはここに気づかなければいけない。