スタッフブログブログ

シナジー水野の超絶マニアックコラム

みなさまこんにちは!

シナジー経営株式会社/北出経営労務事務所の水野です。

今後、定期的なブログ更新をしていくにあたり、

心に決めたことがあります。

それは。。。

実は!?超絶マニアックな水野の意外な一面をちょっとずつ皆様に

お伝えさせていただき、「え?水野さんてこんな人だったの?」

という新たな発見を敢えて入社3年目のこのタイミングで社内外含めて開示できればと

思っています。

冒頭長くなりましたが、

「水野の超絶マニアックな一面」ということで、

なるべく皆様にドン引きされるぐらいのネタをぶち込んでいきたいと思います(笑)

今日は!!

「虫」です!!

え・・・?

虫・・・?

ありがとうございます。

実は私、「カブトムシ、クワガタ飼育」の超絶マニアック人間なんです!

「へーーーー・・・・・」

という声が聞こえてきそうですが、

ドン引きされるポイントはここからです。

よく言われるのは、

「ゴキ〇〇と一緒じゃん!!」と言われます。

ちょっと待ってください。

実はクワガタ、カブトムシと言ってもめちゃくちゃ種類があって

まだ地球上で発見されてない新種もたくさんいるらしいです。

その種類それぞれに特徴があって、

「繁殖の仕方」「餌」「冬眠のタイミング」「温度管理方法」「幼虫時の飼育管理」

などそれぞれの特徴に合わせて飼育しないと死なせてしまいます。

生き物を買うのは、どこでも言っていることですが

“中途半端に買ってはいけない”

私がその種類の「飼い方」を理解していないと

虫たちは簡単に死んでしまいます。

カブトムシ飼育を始めて、はや3年

今年は20匹の羽化を成功させました。

昨年8月に野外採集したオスメス成虫を繁殖させ、

幼虫(孵化)→蛹(蛹化)→成虫(羽化)まで

1匹も死なせずに羽化まで持っていけました。

大きいので56ミリでした。

(サイズを図る部分もマニアックぶりが伺えると思います)

では、羽化したカブトムシはどうしたのか?

あげました。

身近な方のお子さんに「カブトムシいらんか~?」

と募ったところ、

僅か1週間で約7割近くが数々のお子さんの元に旅立っていきました。

この渡したときの子供たちの笑顔を見るために

やっていると言っても過言ではありません。

Youtubeやスマホを持っている小学生がカブトムシを見て

興奮している子供たちを見ると私自身も嬉しくなり、興奮します。

話が長くなりましたが、

今日はこの辺にしておきます。

最後に水野の超絶マニアックな一面を垣間見せます。

現在の、我が家での「カブクワ飼育数」

「120」

はい、120匹います。

たぶんもっといます。

ざくっと120です。

やっとドン引きしていただけましたでしょうか?

約2年前に当社のイラスト番長新井による

偉大な「ファーブル昆虫記」を記したファーブルをモチーフとした

キャラをカレンダー上に作っていただきましたが、

今も続いております。

120の内訳は次回のブログにでもお伝えします。

以上、このような形でマニアックな一面を徐々にお伝えしたいと思います。

賛同してくださる方・・・

是非お声掛けください(笑)

今年はカブトの幼虫だけで50はいるんで、

また欲しい方は言ってください。

あげます。

追伸

このブログは水野の超絶マニアックな一面を一方的にコラムする場でございます。

99%水野の自己満足な内容となっておりますので、

今後の投稿は注意してご覧いただくようお願いいたします(笑)