人事・労務管理北出所長のブログ

配偶者手当の在り方

投稿日:

厚生労働省から配偶者手当の在り方として

リーフレットが出ています。

会社によって色々な種類がある「手当」。

扶養の対象となる家族に家族手当や配偶者手当などの

名目で支給している会社もあります。

 

厚生労働省は、配偶者手当の在り方について

次のように述べています。

 

「女性の就業が進むなど社会の実情が大きく変化している中で、

配偶者の収入要件がある「配偶者手当」については、

税制・社会保障制度とともに、女性パートタイム労働者の

就業調整の要因となっていると指摘されています。

税制・社会保障制度については、配偶者控除等の見直しや

被用者保険の適用拡大などの制度改正が行われており、

配偶者の収入要件がある「配偶者手当」についても、

配偶者の働き方に中立的な制度となるよう見直しを進めることが

望まれます。」

 

また、データによると

女性パートタイム労働者の22.8%は、税制、社会保障制度、

(いわゆる103万、130万の壁)配偶者の勤務先で支給される

「配偶者手当」などを意識し、その年収を一定額以下に抑える

ために就労時間を調整する「就業調整」を行っている。

と記録されています。

 

配偶者手当を無くし、お子さんに対する家族手当へ移行する会社も

増えています。

手当をどう考えるか、今一度検討してもいいですね。

 

配偶者手当の在り方はこちら

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社