人事・労務管理人事制度北出所長のブログ

国家公務員も6段階評価へ

投稿日:

国家公務員の人事評価を5段階から6段階へ

という記事が日経新聞に記載されていました。

仕事の成果や行動、勤務態度によって評価を実施する人事評価。

他の会社がどのような評価制度なのか気になるところですよね。

記事によると国家公務員の人事評価制度は、

課長級以下を評価の高い順にS、A、B、C、Dの5段階でランク付け。

見直し後は、

「卓越して優秀」「非常に優秀」「優良」「良好」「やや不十分」「不十分」

の6段階にするようです。

 

弊社が今までお手伝いした会社の人事評価制度には10段階評価

(S、A+、A、B+、B、B-、C+、C、D、E)もあり、会社が求める

成果とスキル、人物像など盛り込んでいます。

 

社員の成長、キャリアパスに合わせて評価を実施するためには

定期的な面談も欠かせません。

面談は確かに時間がとられますが、現状の把握、課題のすり合わせなど

教育の一環と考えれば大事な時間です。

 

人事評価制度は運用して常に改善する。

会社の成長、時代とともに変化するものです。

 

人事評価制度で会社を強くしましょう。

 

7月にセミナー開催します。

人材育成、人事評価のセミナー

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社