人事・労務管理北出所長のブログ

採用に自己PR動画

投稿日:

6月に入り、来春入社の新卒社員の内定を出しているところも多いですが、

通年採用を実施している会社は定期的に面接を行っています。

最近では、エントリーシート以外に1分程度の動画を

提出してもらい、選考基準に活用している企業もあるようです。

ほとんどの学生がスマホを持っていますし、SNSも利用しているので

自己PRとして動画を提出してもらうというのは本人の人となりが

みれてこれもまた面白い取り組みですね。

こういった自己PR動画に抵抗がある人、そうでない人もいますが、

変化に対応していけるかどうかを見ることは企業側からすると

選考基準の大事なポイントです。

(出した人と出さない人で選考ポイントに差がつくイメージでしょうか)

 

コロナ禍でも採用を行う企業はたくさんありますし、自社に合う人材を

獲得したいと考える経営者、採用担当者も多い。

 

『ビジョナリー・カンパニー2』の著者ジムコリンズ氏は、

採用を「誰をバスに乗せるか」と表現し、採用は組織の命運を決めると

語っています。

それだけ求める人材を明確にしているということですね。

 

厚生労働省から公正な採用選考が公開

採用面接は、非常に大事ですが、厚生労働省から

採用選考に不誠実な対応が無いようにと指針が出されています。

 

「えっ?こういうことも聞いちゃいけないの?」

という内容もありますので、頭に入れておいてください。

 

最近では性別を記入する履歴書がなくなってもいますので

名前だけではわからない場合、先の自己PR動画はいい判断材料にもなりますね。

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社