北出所長のブログ

梅雨入りしましたが、7月から始まる強化月間

投稿日:

北陸・福井も梅雨入りしましたが、適度に雨が降って

早く梅雨明けしてほしいです。。。

梅雨明け後は暑さが続くことが予想されますが、

ここ数年熱中症に関する問い合わせや災害が起きています。

室内で作業しているから大丈夫!と思われる熱中症

ですが、案外室内でも起きるリスクはあります。

気温と暑さ指数を示すWBGT。

環境省からはWBGT値に応じた対策

(冷房・除湿設備の稼働等の作業環境管理、作業時間の短縮等の作業管理、

健康状態の確認等の健康管理など)が発表されていますので

ぜひ確認して下さい。

 

熱中所予防強化月間

 

仕事柄、熱中症の労災に関する手続きをしたり、

熱中症の症状を聴くことが多いのでこれからの季節、事前の準備はしておきましょう。

 

★暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、

熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。

単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。

暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、

人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、

③気温の3つを取り入れた指標です。

★暑さ指数の有効性について

単純に気温だけでなく、湿度や日差しの違いをも考慮して、熱中症予防につながるのが

暑さ指数(WBGT)です。 日々の情報発信の中でも、最高気温だけでなく、WBGT・暑さ指数を

参考にすることで、より的確な熱中症予防情報を提供できます。

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社