北出所長のブログ

センバツ8強!

投稿日:

今日は雨で中止ですが、選抜高校野球の8強が決まりました。

甲子園の中でも最も面白いとされる準々決勝。

1日ですべてのチームが見れるこの日は、

高校野球ファンには何とも言えません。

 

以下は朝日新聞より見どころ。

 

■第1試合 仙台育英-天理

天理のエース達は2試合連続で完投し、計295球を投げた。

足を絡めて揺さぶってくる仙台育英打線に対し、球数が増えれば苦しくなる。

打線は2試合で3安打2打点の4番瀬に走者を置いて回したい。

 

天理のエース達と選手宣誓をした仙台育英。震災から10年目に悲願の優勝なるか。

 

■第2試合 東海大相模-福岡大大濠

東海大相模は投手陣が安定している。打線は2試合で4得点と低調だが、

2番の主将・大塚が打てば上向きそう。福岡大大濠はエース毛利が2回戦で負傷交代。

2試合で19安打の打線で早めに援護したい。

 

東海大相模の総合力と福岡大大濠の打線。

 

■第3試合 明豊-智弁学園

ともに左右二枚看板を擁する。智弁学園は、ここぞの集中打で好投手を攻略した。

1回戦無安打だった3番前川右京も2回戦で2安打と復調の兆し。

明豊は2試合無失策の堅守から、攻撃のリズムをつくりたい。

 

智弁学園の破壊力ある打線!

 

■第4試合 東海大菅生-中京大中京

東海大菅生はエース本田が2回戦の九回に大会初登板してサヨナラ勝ちにつなげ、

継投のパターンが増えた。中京大中京は力投型の畔柳(くろやなぎ)が2試合で

計241球を投げた。連投で先発するか、起用法に注目だ。

 

やはり注目の畔柳投手の力投。