北出所長のブログ

雇用調整助成金、業種によって対応変化

投稿日:

緊急事態宣言解除後の翌月末まで特例が延長されている

雇用調整助成金の特例措置ですが、経営難の企業と感染拡大地域の

外食業などを対象に雇用調整助成金の特例水準を6月末まで維持する

方向で最終調整に入ったようです。

 

具体的には、「直近3カ月の売上高などの指標が30%以上減少」などを

基準にし、緊急事態宣言対象地域や「まん延防止等重点措置」の

対象地域の外食店なども現行の制度を6月末まで続ける見込み。

その他の企業は5月以降の上限額を13,500円/日に、助成率は最大90%。

(現行上限額15,000円/日 助成率100%※解雇なしの場合)

 

外出等が自由にできるようになれば、厳しいとされる業種の売上も

回復してくるんでしょうが、地域ごとに警報が続いていると周りの目が

気になるのも事実。早く雇用調整助成金に頼らない状態になりたい

ものです。

 

助成金制度はどんどん変わっていくので情報収集が必至ですが、

ハンコレス(事業主等の押印又は署名を不要)の動きは非常にいいですね。

ITリテラシーの問題はお互いにありますが、業務効率化は進んでいます。

 

最近の契約はクラウドサインが増えているので、

当社も改めてハンコレス化を検討しないといけないなあ。

 

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社