北出所長のブログ

強みを伸ばすべきか、弱みを克服させるべきか

投稿日:

強みをつくろう!

社員教育の場でよく質問されることに

「部下の強みを伸ばすべきか、弱みを克服させるべきか」

があります。

この答えは間違いなく、「強みを伸ばす」ことなのですが、

その意味は何でしょう?

 

強みを伸ばすことによって一番特徴的なことは

「自信がつくこと」です。

この仕事は彼(彼女)に任せれば大丈夫。強みとしているので、

苦にならないし、モチベーションも上がる。そして任せられたので力を発揮する。

結果、いい成果を上げる。周りからの評価も上がるし、ますます仕事の依頼が入ってくる。

生産性も上がる。

 

会社にとっても本人にとってもいいこと尽くし。

 

弱みを補うぐらいの強みにすれば、バランスも取れてくる。

学校の勉強や試験は弱みを克服することが大事だけど、社会では強みを伸ばすことが大事。

誰にも負けない強みをつくることで、自信も価値も上がる。

強みを伸ばすことは成長の大きな種となる。

 

人材育成についてぜひお任せください。

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社