北出所長のブログ

面接もWEBで、、働き方も変わる

投稿日:

テレワークやWEB面接が徐々に広がり、働き方や採用の仕方も

新たな局面に入ってきています。

日経新聞にもWEB面接を導入している企業が7割との記事もありました。

リアルに会わなくても考え方や人柄、コミュニケーションスキル、問題解決能力は

一定の判断ができるわけですが、会社の雰囲気や実際に働くイメージが見えないと

入社後の定着がどうなるか少し不安です。そのためすべてをWEB面接で内定まで

出すという企業もありますが、最終面接はリアルでという会社も多いです。

 

ハイブリッド型の面接や働き方も増えてくる気がします。

自分で仕事をコントロールできる人はテレワークをしても生産性を上げられる。

一方で仕事をコントロールできないというか、自らの判断で仕事をする機会が少ない人は

テレワークだと生産性が上がらない。誰かにフォローしてもらうことで生産性を上げることが

できます。

もちろんそれも一つの働き方ですし、すべての人が自分で仕事をコントロールできる

わけではない。しかし、会社の中にどれくらいの割合で仕事をコントロールできる人がいるか

育っているかはリーダーとして把握しなければいけない。

不足している部分は教育やスキルアップを図り、一定の割合をつくることが必要。

 

コロナという局面は新たな働き方、新たな評価を考える時。

元に戻ることはない。

会社も社員も常に考え行動する絶好の機会だ。

 

 

福井の社会保険労務士

北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社

 

※写真は日経新聞より