北出所長のブログ

働く人の視点を考える

働く人の視点に立つと

将来どのようにキャリアアップしていくか、

求められる能力、役割は何かということは気になるものです。

3年後、5年後、10年後どのような仕事をしているのか、

先輩や上司はどのような歩みをしてきたのか。

もちろん時代の変化が早い中、今までと同じようにというのは

難しい部分もありますが、人生設計を考える上で

キャリアアップのロードマップは必要です。

それが社員にとってのモチベーションになったり、

将来像を描いたりすることができます。

また、必要な教育や研修を受講することにもつながり

会社にとっても社員にとっても有効なツールとなります。

自分が働いていたら、、、と考えると

ロードマップはあった方がいいに決まっている。

社員の成長が会社の成長。

キャリアアップ制度、評価制度、給与。

どれもが社員にとって大事なもの。

そして中小企業では社長が作るべきもの。

時代に合わせた軌道修正も必要です。