北出所長のブログ

新人王は誰の手に!仕事にも通じる考え方

投稿日:

プロ野球セ・リーグ新人王争い

ペナントレースも終盤となり、両リーグ、ジャイアンツ、西武共に

マジックナンバーを減らすなど目が離せない展開となっていますが、

優勝争いと同様注目を集めているのがセ・リーグの新人王争い。

 

まずは、ヤクルトの19歳村上選手。

10代の最多本塁打を35本と自らの記録を更新し、高卒2年目以内の

中西太氏の36本に残り1。打点も94打点と最年少100打点を視野に入れています。

一方で三振も日本人最多の174個と記録更新中。

強打者の証ですw

(写真はスポニチより)

 

そして阪神の2018年ドラフト1位で入団した24歳近本選手。

昨日までで150安打でセ・リーグ新人記録の153安打に残り3。

マルチ安打41回も球団新人最多記録、盗塁もリーグトップなど

記録&タイトル獲得に向けて向上中。

 

この2人の戦いは面白いですね。がむしゃらにプレーしている姿が

非常にいいです。どちらもタイトル獲得は時間の問題。

切磋琢磨して最後まで走りきってほしい。

 

結果が全てのプロの世界。記録という数字上の成果が自信にも

なるし、モチベーションアップにもつながるでしょう。

 

自信をつけるには小さな成功を積み重ねること。その延長が

モチベーションアップにもなり、大きな課題にも向かっていける。

新人だからこそやれるべきこともあるし、少々負荷をかけることも

必要。それが将来の自分への投資となるのだから。

 

仕事にも通じる考え方。

メンタル、フィジカル(スキル)どちらも大事。

 

うちにもルーキーが二人。今年1年の振り返りが楽しみだ!