北出所長のブログ

根尾選手を見て感じたこと

投稿日:

昨年甲子園を沸かせ、中日ドラゴンズに入団した根尾選手

自主トレ中に肉離れとなり、キャンプも2軍スタートとなりましたが、

2軍の試合でもなかなか結果を出せず、苦しんでいるようです。

(写真は中日スポーツより)

 

あれだけ甲子園で活躍して、プロの世界でもやっていけると

太鼓判を押されていましたが、アマとプロの世界は違うし、

金属バットと木製バットの違いは大きいなと感じています。

もちろん、その壁を破るのは、練習を重ねるしかないんでしょうけど

早く活躍している姿を見たいですね。

ただ、あまり焦って体に悪影響を与えてもいけないので、

じっくり待とう。長い目で見ようと。

こう思った高校野球ファンも多いはず。

 

そう思っていた時、ふとこれが学生と社会人の違いにも当てはまる

ことじゃないかと。

 

素晴らしい活躍を学生時代に残した人さえも

社会人になるのは初めてなので、

苦しみながら成長していく。

周りの環境に合わせていく。

いきなり結果が出れば申し分ないですが、

徐々に結果を出していく。

教育プログラムに従い階段を上っていく。

長い目で見ることが必要。(当たり前ですが)

 

求めすぎても行けないし、求めなさすぎてもいけない。

「育てる」という意識こそが人が成長する土壌。

そこには本人の思いが一番ですが、

環境も大事。

 

根尾選手をはじめとする、新社会人の活躍を期待して。。。

 

 

 

根尾選手の1軍での活躍、楽しみにしています!!